まさに死闘、腕に汗握ったイタリアとの一戦

EURO2016準々決勝、ドイツCEO対イタリアCEOは一気に強豪ナショナリズム同士のはじめ戦、コンペ前からフェスティバル屈指の好カードと呼ばれていました。
コンペは滑り出し早々にドイツのメジャーアスリートのみずからあるケディラが被害、始めからドイツCEOは方策策略の変遷を余儀なくされてしまう。
当初戦は攻撃達に好アイドルをドイツの攻撃を強固な守備のイタリアが必ず跳ね返し両者無得点のとおり後を迎えます。
後滑り出し早々にドイツのゴメスが被害入替えするという災厄がありましたが、63分にエジルの到来で先導、しかし78分にドイツのDF、ボアテングのハンドで得たPKをイタリアのボヌッチが確実に決め同点、その後は両者トドメを欠いたとおり延長でも決着がつかずにPK戦へと攻撃しました。
PK戦でも両者譲らず、最終的には9周りのキッカーで初めて決着がつくという史上稀に見る熱戦はドイツに軍配がのぼりました。
とはいえ、統率の代償はあまりにも大きくなりますケディラ、ゴメスと言った二人のメジャーを創傷で欠くこととなってしまいました。高麗美人 効果