甘党の私でもブラックコーヒーが飲めるようになった

私はコーヒーというものを好んで飲むタイプではありませんでした。
ブラックは飲めと言われれば飲みますが、砂糖をいれた方が好きですし、強いていうなら紅茶の方が好きです。
そんな私がアルバイトを始めたのはカフェでした。
落ち着いた雰囲気が好きで始めたんですが、そこはコーヒーの香りが充満していて、苦手な私でも心地よい空間でありました。
それでも最初は飲むことはできず、まかない代わりのサービスで出されるコーヒーも断れないので飲んでいたんですが、好きになるきっかけは突然でした。
たまたま仕事帰りに寄ったバン屋さんでランチを食べようと思ったんですが、そこではコーヒーのサービスを行っていたのです。
まぁサービスならと思って、一杯頂いたんですが、自分でもビックリしました。
苦味を嫌だと思わなかったのです。
たまたまそのパン屋さんはスッキリとしたブレンドで飲みやすかったんだと思いますが、それを皮切りにコーヒーが美味しいと思うようになったのです。
味覚が大人になったと思えたきっかけになりました。