堀江貴文の最初を読んで役目に対して決断が出た

堀江貴文くんの書いた冊子ナッシングは素直に恐ろしいと思った。寧ろあれだけ素直に自分の意見が呼べることが凄まじいと思った。
その著者の中で役割に対して、没頭することが大事と言っていました。
心がまえも無く興味もない仕事をすることはとてつもなく効率の悪い結果、やり遂げるなら自分が周囲を気にしないくらい活動取れるぐらい努力行えるものを軒並みやった方が効率がいいっていう話をしていました。
確かにそう思いました。何かに没頭している時て、これをどうしたら賢く少なく効率よく出来るのかって言うことしか考えなくて済みますもんね!
時間や集中してない歳月、興味のない地している時って、余分なことを胸中で考えている気がします。
そして堀江貴文くんは如何なる役割にも楽しみはあるとも言ってました。
目の前の役割に集中して、何をどうしたら上手くいくのかということを一所懸命練り上げることが大事だとも。
苦しむと練り上げるも似てるようで違うともおっしゃってました。苦しむことは物事をレベルアップしていく結果、練るということは物事をシンプルにしていくことだそうです。
確かに!それにしても堀江貴文くんのファンになってしまいました。借金解決 無料相談