水が怖くても、泳げなくてもサーフィンは出来る!

今でこそ、オリンピックの種目になるサーフィンですが、私が若いころは一部の人しかやっていなかったと思います。

ただ、ファッションとしてのサーファーに憧れていた人は多く私もそのうちの一人でした。

日焼けした褐色の肌にロングヘア、アイシャドーはブルーがお決まり。

でも、好奇心旺盛な私は実際にサーフィンもしたくなりました。

サーフィンを始めるに当たって問題は水が苦手で泳げないこと。

でもよくよく考えれば、足の着くところで崩れてきた波に乗るなら海水浴と同じくらい安全だし

サーフボードと自分はリーシュ(昔はパワーコードと言いました)でつながっているから、何かあればボードをつかむことさえ出来ればおぼれることはない。

そう思ったのでまずはやってみることにしました!

目をひくような技はできないけれど、浅瀬で崩れる波(スープ)に乗るだけでも本当に楽しい。

波と同じスピードで岸に戻る感覚は、経験者にしかわからないでしょう。

泳げないからサーフィンを諦めた人は、ぜひ一度トライしてみて欲しいと思います。

丈が長くて厚めのボードなら、浮力があるのでコツはいりません。

チョット練習すればすぐに乗れるはずです。

波に乗った時のフワッとした感覚を一度体験すると何度でもトライしたくなること間違いなしです。消費者金融金利 インターネット契約